フォトグラファー足袋抜が自然の美しさと癒しを毎週お届けします! 第7号 09年9月30日
今週の一枚

作り手の想い

稲刈り写真1

写真家の足袋抜 豪(たびぬき ごう)です。

いつもありがとうございます!
「今週の一枚」と題しまして、毎週水曜日ぐらいに癒しと感動のフォトメルマガをお送りします。お時間がございます時に是非、読んでくださいね。
このメルマガは、足袋抜豪がご縁を頂いた方だけに撮影現場の裏話や、公開していない写真や動画をお送りします。

第7号の写真は…
稲刈りでしょ〜〜
先日、珠洲市からの帰り道、ふと綺麗な田んぼやな〜
と思っていた時にちょうど稲刈りをしていたご夫婦がいらっしゃいました。
声をかけて話しを聞かせて頂いたら、地元に住んでいるのはお二人だけでお子さんやお孫さんは
お仕事の関係上、県外や金沢へ引っ越してしまったそうです。
僕も同じような一人ですが典型的な過疎化の一面を見た瞬間でもありドキッとしました。

「何でお米を作るんですか?」と訪ねると孫が「美味しい!美味しい!」と言っておかわりするんですと話してくれました。
なるべく機械を入れず、ハザボシ(下写真)などの昔からある方法でお米を仕上げているそうです。稲を束ね、車に積み込みハザとよばれるハシゴや物干のような物に稲を掛け天日で干します
が本当に根気と体力勝負です。
機械が当たり前の今、「おかわりをする」というお米を作るには、土や水などのいい環境が必要かもしれませんが、やはり作り手の想いや行動が重要なのではないでしょうか?

お子さんや孫の為にお金にならなくても、お米作りを続ける。
何か上手く書けないのですがジ〜んと来てしまいました。

自分の家は昔、このご夫婦と同じように珠洲でお米を作っていました。
「大変や〜大変や〜」と親から話しを聞かされていましたが全然作り手の気持ちなど考えず・・・
「酷いなら辞めてしまえば〜」と簡単に話していた記憶があります。
能登をまわっているとよく自分の原点や今やるべき事がよく見つかる気がします。

「おかわり」をするお孫さんは自分みたいになって欲しくないなと思いこの出来事を書きました。おじいちゃん、おばぁちゃんの大切な想いを写真に込めてお孫さんに届けばと思います。

はざ


環境映像際in金沢に出展します

10月4日(日)10:00〜17:30 金沢21世紀美術館1Fレクチャーホール

入場無料 定員90名(入場自由)

詳細はホームページより環境映像際in金沢PDFをダウンロードしてください

http://www.gonosuke.com




足袋抜豪へのお問い合わせ 写真撮影のご依頼・写真貸出のお問い合わせ


バックナンバー

過去のメルマガはこちらから

今週の一枚バックナンバー

購読解除

今後このメールがご不要の方は、こちらのフォームから、購読解除申請をしてください。

購読解除フォーム

メルマガ発行元

足袋抜 豪
〒921-8815
石川県石川郡野々市町本町6-3-34
TEL:076-294-1038
携帯:090-6273-3967
Web:http://www.gonosuke.com/
ブログ:http://ameblo.jp/gonosuke/


Copyright© 2009 Go Tabinuki All Right Reserved.